与信面での心配

根抵当権を分割譲渡しご融資

不動産担保ローンのご融資事例【根抵当権を分割譲渡いただき、融資実行いたしました】

お客さまは製造業を営む法人さま。当社にご相談いただき、物件の内容を拝見したところ、1億円程度の時価の物件に対し、根抵当権が3本合計1億3000万円程度の極度額で設定されている状況でした。当社としましては4番抵当権でのご融資は難しい状況でございました。

ご融資までの経緯

そこでお客さまが1番の根抵当権者の金融機関へご相談、根抵当権の一部を当社に分割譲渡していただけることとなりました。根抵当権を分割譲渡すると独立した同順位の根抵当権となるため、結果、当社は他金融機関と同順位の1番の根抵当権者となり、運転資金をご融資させていただきました。

70代後半のお客さまへの事業資金をご融資

不動産担保ローンのご融資事例【ご高齢の個人事業主の方に事業資金をご融資いたしました】

お客さまはご自宅の1階部分で飲食店を経営されているご高齢の個人事業主のお客さま。
今までは飲食店の収入と2階麻雀荘を賃貸して収入を得ていましたが、2階部分のテナントが退去してしまい収入が減少。テナントが麻雀卓など備品を全て放棄し退去したため、自身で麻雀荘の経営を決意、改装資金と小口借入のお借換えをご希望し、当社融資申込みとなりました。

ご融資までの経緯

一緒に飲食店で働いている次女に借入の承諾をいただき、改装資金と小口借入の返済資金計1,300万円を25年の長期ローンでご融資させていただきました。
当社では、お客さまがお元気でお借入れに関ししっかりと理解していることを確認でき、またご相続人の方の承諾が得られれば、お申込み時のご年齢、完済時のご年齢に制限はないため、このようなご融資が検討可能でございます。

2期連続で赤字のベンチャー企業さまへのご融資

不動産担保ローンのご融資事例【資金調達にお困りの法人さまにご融資いたしました】

お客さまは特許を保有されている、技術力のあるベンチャー企業さま。設立浅く、2期連続赤字状態で銀行等より借入が難しい状況でした。当法人さまの代表者さまは、別の法人も経営されており、その本業は順調で、当法人には15%ほど出資しておりました。当法人の特許を実用化し事業を拡大したいと考え、そのための資金の調達方法に悩んでおられました。
良い方法を検討していたところ、当社のことを知り、ご連絡いただきました。本業法人が保有している不動産を担保に、当法人に対し、事業が軌道に乗るまでの短期間できる限り支払いを少なく融資を受けたいとのご要望でした。

ご融資までの経緯

本業の法人でお持ちの不動産を担保に、2年間の利払いのみのお支払い、2年後に元金一括でご返済という条件で当法人にてお借入いただくこととなりました。
お持ちの不動産を有効に活用し、調達にお困りの法人さまの資金調達を行ったご融資事例でございました。まだ軌道に乗っていない法人さまでも、不動産の価値をしっかりと評価し、将来の事業展望を評価と合わせて審査をさせていただき、お取り組み検討可能でございます。是非ご相談ください。

返済猶予中の中小企業さまへ 長期ローンのご提案で借り換え資金をご融資

不動産担保ローンのご融資事例【信用金庫さまをご利用の法人さまに当社キャンペーンをご利用いただきました】

お客さまはゴルフ関連のご事業をされている法人さま。メインバンクは信用金庫さまをご利用。
メインバンクへの返済は全てリスケ状態となっており毎月26万円程度のお支払いをしておりました。リスケが終了する12月からは元利均等返済により、月々の支払いが400万円近くなることから、支払い負担の増大についてお悩みをお持ちでした。
良い方法を検討していたところ、当社のホームページにて金利キャンペーンを知り、ご連絡いただきました。

ご融資までの経緯

当社でキャンペーン金利の適用、長期ローンでの取り組みにより、月々の返済は57万円程度となることから、信用金庫さまでのお借入全てを当社でお借換えいただく運びとなりました。
お借入を長期ローンに組み替えることで、毎月の支払い負担を減らし、更なる業績アップを目指すというご融資事例でございました。
金融機関さまでリスケ中であっても、お取り組み検討可能でございます。是非ご相談ください。

ご融資事例一覧

TOPICS